ブログ|岡山市北区津島京町の歯医者|きれいわ歯科

086-256-1001
FAX086-256-1002

〒700-0087
岡山市北区津島京町1丁目50-1

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★土曜日は14時から18時診療となります。
休診日:木曜・日曜・祝日

  • 地図
  • メニュー

歯が無くても問題ないのでしょうか…

2021.01.18(月)

こんにちは、きれいわ歯科のブログをいつも見ていただきありがとうございます。

今年も皆様の関心のある情報を提供できたらと思います。

そして、コロナが急速に拡大している中、歯が痛くてもコロナ感染が怖いと思ってる方も多いいと思いますが、きれいわ歯科は全室完全個室で診療が可能

なため、感染のリスクが抑えられます。歯科は歯を削る時に粉塵を飛散するため、個室でないと飛沫感染のリスクがかなり高いです。

口腔外バキューム、各部屋に吸換気設備もあり、自分なら安心して診療を受けられる環境を整えております。

これからも皆様が安心して診療を受けられる環境を作っていきたいと思います。

 

今回のテーマは

8020

これは、1989年より当時の厚生省と日本歯科医師会が推進した「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

ここで、どうして歯を残す方がいいんだろう?歯がなくなっても入れ歯があるから大丈夫じゃないの?という疑問を持たれるかもしれませんね。

中にはいつかは入れ歯になるし、そんなに頑張んなくてもいいでしょって思われたりしますよね・・・

このように疑問に思う方は、まだご自身の健康な歯が沢山残っていたり、お口に不自由をあまり感じることが無いのではないでしょうか?

それは大変幸せなことです。そこで今、伝えておきたいことがあります。

では、質問です。

日本人の80歳の方が平均どれくらいの歯が残っていると思いますか?

 

 
正解は13本です。

 

 

因みに、

不自由なく美味しくお食事できると感じられる本数は20本といわれています。

                          8本も足りていません。

天然歯(ご自身の歯)が多く残っていることで、美味しく食事ができるというメリットだけではなく、健康な生涯を過ごすには口腔内の環境を整えることが大切だということなのです。

(令和2年10月17日のブログにも書かせていただきました。『歯周病と認知症』も併せて読んでみて下さい。)

 

天然歯には人工的に作れない歯根膜というものがあります。

歯根膜には、食事や話すことで歯と歯が嚙み合わされた時、脳へ刺激を伝えることで記憶・思考などを司る海馬を活性化する役割があります。

他にも、

歯槽骨と歯を支える役割や、硬い物柔らかい物を食べた時の食感を伝える役割、歯周組織への栄養の供給を行うなど歯根膜の役割は人工の歯では補えない役割があります。

そして、

歯は顔の骨格のバランスを保ち、若々しさを維持ができ、発音や会話をスムーズおこなう事にもとても重要な役割も担っています。

 

歯は削ったり抜いたりすると二度と生えてきません。

それだけに、1本でも多く自分の歯を大切にすること、抜かずに保存する治療をきれいわ歯科では優先したいと考えているのです。

そこで保存の治療というのが根管治療となります。

 

根管治療は、細菌に侵された歯をキレイに消毒し薬を入れるといったとても精密な治療が必要です。

しかし、歯の根は非常に複雑な構造になっているため、肉眼では確認がとても難しいケースもあります。


     

当医院では、マイクロスコープで治療する部分を拡大し正確に確認しながら精密な治療をおこなうことができるのです。

 

 


まだ若い時は当たり前にある天然歯の大切さになかなか気づかず、『歯磨き面倒だな』とついさぼってしまうかもしれません。

が、今回のお話しを思い出していただき、歯科と関わっていきましょう!!!

 

謹賀新年🌄

2021.01.06(水)

謹賀新年

地域の皆様、きれいわ歯科に来ていただいている皆様、

本年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

そして、本年こそは皆様におかれましても、幸多き一年になりますように!!

岡山市北区歯科人気

スタッフ一同

年末の挨拶

2020.12.29(火)

平素は格別なご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます!!
早いもので、年末の挨拶をさせて頂く時期となりました。


 

本年はこの津島•京山地区に開業させて頂き、素敵なご縁に恵まれ心より感謝いたしております。
来年も引き続き精進してまいりますので、スタッフ共々今後もよろしくお願い申し上げます。
急に寒さが厳しくなっていますが、皆様におかれましては体調に気を付けていただき、よいお年をお迎えください!!

 

 

年始は1月4日から通常診療いたしております。

長期お休みを頂きご不便おかけし申し訳ございません。できる限り対応させて頂きますので何かありましたら、ご連絡ください。

症例紹介K・Eさん補綴治療終了!!!見違えるお口に!!(⌒∇⌒)

2020.12.23(水)

こんにちは!!今年もあと数日となりました。

今回もきれいわ歯科のブログを見ていただきありがとうございます。

 

年末年始皆様はどのように過ごされますか?

感染拡大に伴い様々な予定がなくなっている方も多いのではないでしょうか?

岡山での感染者数も日に日に増えてきてます。

寒さも一段と厳しくなってきておりますので体調には気を付けていただき、よい新年をお迎えください。

 

今年最後のブログのテーマですが、今回はこれまでおってきた審美歯科症例にしたいと思います。

以前に紹介させて頂いたK・Eさん。

先日補綴治療が終わられたので、その全貌をご覧いただきたいとおもいます。

11月27日のブログにUPしているK・Eさん

(フロスのひっかりが気になるという事での来院。当初は小臼歯までの補綴による修復改善の症例写真を紹介させていただいています。)

 

 

 

before7月21日初診時

 

AFTER12月15日撮影

 

同じ人だと分かりますか?

金属がなくなると全く違う方のお口のように見えますよね!!さらに健康的なお口の印象を受けます。

 

 

K・Eさんの治療スタートは7月でした。

お子さんもいらっしゃる方なので、本当にお忙しいなか、週1回くらいのペースで来院してくださっていました。

治療箇所は

・コンポジットレジンによる修復3本

・セラミックインレーによる修復12本

     

最後のセラミックインレーをSETした日は12月中旬と約半年かかりましたが、本当に満足してくださったご様子でした。

1か所カリエスが大きく症状が心配されるところもありましたが、ご本人様は「痛みもなく、すごく調子が良い」と言って下さったので一先ず安心しました。

 

今後は前歯を少し白くしていきたいという事でしたので、年明けからホームホワイトニングを行っていきます。

 

 

当医院では患者様の意向を大切にしております。

セラミック診療にもいくつか種類もあります。

それぞれの価値観を大切に

私たちは意図する方向へ進むお手伝いをしています。何かご要望ありましたら気兼ねなくご相談ください。

きれいわ歯科北区歯科

お勧めの歯科医院

ホワイトニング 痛くない

 

 

 

歯茎が腫れた!出血する!! 考えられる要因とは・・・・

2020.12.14(月)

Merry christmas 🎅

きれいわ歯科ブログです。いつも見ていただきありがとうございます。

12月クリスマスの時期となりました。院内でもクリスマス使用に様変わりしております

コロナ禍ではありますが予防対策を徹底し、気分を上げていきましょう!!!

 

 

 

今回は口の中の痛みとして、歯の次に多い

歯茎にスポットをあててみたいと思います。

 

歯茎が痛い、歯茎が腫れるそのような経験はありませんか?

歯茎が腫れる原因には

表面が白く腫れているストレスなどによる原因が考えられるケース

いわゆる口内炎です。免疫力の低下や傷が悪化してなることがあります。

噛むと歯茎が痛む根尖性歯周炎が原因考えられるケース

歯に強い衝撃がかかったり、虫歯がおおきくなってしまい歯の根っこの方にまで細菌が広がったりすることで発症します。

そのまま放置しておくと歯根に嚢胞という状態で膿がどんどんたまっていくことになるのです。

出血や膿がでるような歯肉の腫れ、歯周病菌による可能性が高いケース

歯茎が赤く腫れたり、歯磨き時に出血するなどの症状は歯肉炎という状態です。

放置しておくと歯周炎から歯茎の奥の方まで入り込んで炎症を起こし歯槽骨が解けて歯がぐらぐらと揺れてきます。

そうなることで歯を抜かないといけなくなることがあります。

歯肉炎は歯周病の初期段階の炎症。つまりは、歯周病の一つと考えます。ですので軽度だからと言って放置しておくのはやめましょう

親知らずが萌出していない状態のケース

通常は特に症状はありませんが、食べカスなどの汚れが溜まりやいため歯茎に炎症を起こしやすくなって痛みや腫れを生じることがあります。

また、炎症があごの骨などに広がると口が開かなくなったり、顔が大きく腫れたりすることもあります。

非炎症性の歯茎の腫れには歯肉がんや高血圧症などのお薬の副作用によって歯肉が肥大し腫れているような薬物性によるケース

ガンジタ、真菌によって歯茎に炎症があるケース

2週間くらいで自然に治るものもあれば、治療として長期にわたって治していかないといけない歯肉の腫れや炎症がみられます。

なかなか治らないという方は歯科でお尋ねください。

当院では歯肉の腫れの原因をきちんと見極めて、その症状にあった処置を行うように心掛けています。

考えられる要因をしっかりとお話しし、治療方法や期間はもちろん患者様の意向に寄り添った治療を目指しています。

岡山市 津島 歯科

1 2 3 4 5 6 9