ブログ|岡山市北区津島京町の歯医者|きれいわ歯科

086-256-1001
FAX086-256-1002

〒700-0087
岡山市北区津島京町1丁目50-1

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★土曜日は14時から18時診療となります。
休診日:木曜・日曜・祝日

  • 地図
  • メニュー

虫歯 きれいわ歯科で虫歯予防について学びましょう

2021.02.05(金)

こんにちは、いつもきれいわ歯科ブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

 

そしてコロナとは関係なく入試の時期となっていますね。

きれいわ歯科に来られている方の中にも何人か既に進路が決まっている方もいましたが、これからが本番という方も中にはいらっしゃるとおもいます。

今年は例年にないスタイルの受験になっていると思います。今年の受験生には特に志望される進路に進めることを祈っております。

 

 

 

 

皆さんが知りたいこと、気になることってどんなことだろう…

実際にテーマとして取り上げている内容の多くは、患者さんとの会話から決めていることが多く、

今回のテーマは虫歯でいこうと思います。

 

というのも、初めて来院される方のお悩みを伺っていく中で、このように言われる方が意外に多いなぁと感じるようになりました。

「しっかり磨いていてもすぐに虫歯になるし、きっとできやすい歯をしているんですよ。」と、いう患者さん。

「もうどうしようもないんです。」と諦めているようにお話しされる方がいらっしゃいます。

頑張って勉強しているのになかなか高得点が取れない状態ですよね。落ち込んでしまいますよね・・・

しかし、なぜ?って思いませんか?

ここで諦めるのではなく、まずは見直してみましょう!!

虫歯ができるには1つの要因だけでできるのではないのです。

見直すことで、虫歯のできにくいお口環境を手に入れることができるのかもしれません!!!!

虫歯になって放置すれば、機能面、審美面に大きく影響を与える可能性があります!!

 

虫歯というのは、ミュータンス菌の数、歯の質、糖の摂取、唾液の分泌量、清掃状態、様々な要因が合わさり生じます。

これらを大きく4つの要因にわ分けることができます。これらのまじわりによって虫歯の発生が高くなるのです。これがカイスの輪というものです。

 

 

 

歯磨きをしっかり頑張っていたとしても、別の要因において比率が上がれば虫歯になってしまう可能性は無くならないということです。

先ず、虫歯の4要因についてです。

一つ目の要因は宿主要因

歯の質や唾液の分泌量です。虫歯になりやすい歯の質というのはこの分類に属します。

二つ目の要因は細菌

主な虫歯菌はミュータンス菌です。この菌は歯を溶かす酸をだすのです。

三つ目には食物

これは糖分の多い食事の頻度をあらわしています。

最後に四つ目の要因が時間

食べ物を摂取してから、歯磨きを行う時間というものです。

歯磨きが遅くなり、もしくは歯磨きをしない時間が多ければ、歯が糖分にさらされている時間が長くなり虫歯になりやすくなるというものです。

 

虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。
この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯の始まりとなります。
そこで「虫歯の要因」を取り除くことがそのまま予防につながります。

 

このように虫歯ができるのは歯磨きをしないからなるものだと思いがちですが、歯磨きだけ頑張っていても虫歯のコントロールはできていないのです。

勿論、歯磨きをしなくていいという事ではありません。
歯垢は毎日の正しいブラッシングで取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院でプロによる清掃を行っていきましょう。
そして、毎日の生活の中で4つのリスクを減らす努力をしていけば、良い結果に結びつくのです。
セルフケアでは限界があります。定期健診を受診していただき、どこに磨き残しがあるのか認識していただき、それに対し衛生士さんのアドバイスを
もらってください。その積み重ねでよりよい口腔内環境になっていきます。
口腔内が清潔に保たれていればコロナ感染リスクが軽減するという結果もでてきています.
いまの時期だからこそ歯科でプロフェッショナルケアを受けることをおすすめします。
虫歯ができる要因に気を付けていただくこと、更にセルフケアの向上によって、一層虫歯のできる頻度は抑えれるのです。
諦めないでください!!虫歯は予防できますよ!!

 

セルフケアについても今後お話をさせていただきたいと思います!!!

今後もブログをご覧いただき、一緒にお口の健康を維持をしていきましょう。

 

岡山 歯医者 きれいわ歯科

 

 

歯が無くても問題ないのでしょうか…

2021.01.18(月)

こんにちは、きれいわ歯科のブログをいつも見ていただきありがとうございます。

今年も皆様の関心のある情報を提供できたらと思います。

そして、コロナが急速に拡大している中、歯が痛くてもコロナ感染が怖いと思ってる方も多いいと思いますが、きれいわ歯科は全室完全個室で診療が可能

なため、感染のリスクが抑えられます。歯科は歯を削る時に粉塵を飛散するため、個室でないと飛沫感染のリスクがかなり高いです。

口腔外バキューム、各部屋に吸換気設備もあり、自分なら安心して診療を受けられる環境を整えております。

これからも皆様が安心して診療を受けられる環境を作っていきたいと思います。

 

今回のテーマは

8020

これは、1989年より当時の厚生省と日本歯科医師会が推進した「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

ここで、どうして歯を残す方がいいんだろう?歯がなくなっても入れ歯があるから大丈夫じゃないの?という疑問を持たれるかもしれませんね。

中にはいつかは入れ歯になるし、そんなに頑張んなくてもいいでしょって思われたりしますよね・・・

このように疑問に思う方は、まだご自身の健康な歯が沢山残っていたり、お口に不自由をあまり感じることが無いのではないでしょうか?

それは大変幸せなことです。そこで今、伝えておきたいことがあります。

では、質問です。

日本人の80歳の方が平均どれくらいの歯が残っていると思いますか?

 

 
正解は13本です。

 

 

因みに、

不自由なく美味しくお食事できると感じられる本数は20本といわれています。

                          8本も足りていません。

天然歯(ご自身の歯)が多く残っていることで、美味しく食事ができるというメリットだけではなく、健康な生涯を過ごすには口腔内の環境を整えることが大切だということなのです。

(令和2年10月17日のブログにも書かせていただきました。『歯周病と認知症』も併せて読んでみて下さい。)

 

天然歯には人工的に作れない歯根膜というものがあります。

歯根膜には、食事や話すことで歯と歯が嚙み合わされた時、脳へ刺激を伝えることで記憶・思考などを司る海馬を活性化する役割があります。

他にも、

歯槽骨と歯を支える役割や、硬い物柔らかい物を食べた時の食感を伝える役割、歯周組織への栄養の供給を行うなど歯根膜の役割は人工の歯では補えない役割があります。

そして、

歯は顔の骨格のバランスを保ち、若々しさを維持ができ、発音や会話をスムーズおこなう事にもとても重要な役割も担っています。

 

歯は削ったり抜いたりすると二度と生えてきません。

それだけに、1本でも多く自分の歯を大切にすること、抜かずに保存する治療をきれいわ歯科では優先したいと考えているのです。

そこで保存の治療というのが根管治療となります。

 

根管治療は、細菌に侵された歯をキレイに消毒し薬を入れるといったとても精密な治療が必要です。

しかし、歯の根は非常に複雑な構造になっているため、肉眼では確認がとても難しいケースもあります。


     

当医院では、マイクロスコープで治療する部分を拡大し正確に確認しながら精密な治療をおこなうことができるのです。

 

 


まだ若い時は当たり前にある天然歯の大切さになかなか気づかず、『歯磨き面倒だな』とついさぼってしまうかもしれません。

が、今回のお話しを思い出していただき、歯科と関わっていきましょう!!!

 

謹賀新年🌄

2021.01.06(水)

謹賀新年

地域の皆様、きれいわ歯科に来ていただいている皆様、

本年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

そして、本年こそは皆様におかれましても、幸多き一年になりますように!!

岡山市北区歯科人気

スタッフ一同

年末の挨拶

2020.12.29(火)

平素は格別なご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます!!
早いもので、年末の挨拶をさせて頂く時期となりました。


 

本年はこの津島•京山地区に開業させて頂き、素敵なご縁に恵まれ心より感謝いたしております。
来年も引き続き精進してまいりますので、スタッフ共々今後もよろしくお願い申し上げます。
急に寒さが厳しくなっていますが、皆様におかれましては体調に気を付けていただき、よいお年をお迎えください!!

 

 

年始は1月4日から通常診療いたしております。

長期お休みを頂きご不便おかけし申し訳ございません。できる限り対応させて頂きますので何かありましたら、ご連絡ください。

症例紹介K・Eさん補綴治療終了!!!見違えるお口に!!(⌒∇⌒)

2020.12.23(水)

こんにちは!!今年もあと数日となりました。

今回もきれいわ歯科のブログを見ていただきありがとうございます。

 

年末年始皆様はどのように過ごされますか?

感染拡大に伴い様々な予定がなくなっている方も多いのではないでしょうか?

岡山での感染者数も日に日に増えてきてます。

寒さも一段と厳しくなってきておりますので体調には気を付けていただき、よい新年をお迎えください。

 

今年最後のブログのテーマですが、今回はこれまでおってきた審美歯科症例にしたいと思います。

以前に紹介させて頂いたK・Eさん。

先日補綴治療が終わられたので、その全貌をご覧いただきたいとおもいます。

11月27日のブログにUPしているK・Eさん

(フロスのひっかりが気になるという事での来院。当初は小臼歯までの補綴による修復改善の症例写真を紹介させていただいています。)

 

 

 

before7月21日初診時

 

AFTER12月15日撮影

 

同じ人だと分かりますか?

金属がなくなると全く違う方のお口のように見えますよね!!さらに健康的なお口の印象を受けます。

 

 

K・Eさんの治療スタートは7月でした。

お子さんもいらっしゃる方なので、本当にお忙しいなか、週1回くらいのペースで来院してくださっていました。

治療箇所は

・コンポジットレジンによる修復3本

・セラミックインレーによる修復12本

     

最後のセラミックインレーをSETした日は12月中旬と約半年かかりましたが、本当に満足してくださったご様子でした。

1か所カリエスが大きく症状が心配されるところもありましたが、ご本人様は「痛みもなく、すごく調子が良い」と言って下さったので一先ず安心しました。

 

今後は前歯を少し白くしていきたいという事でしたので、年明けからホームホワイトニングを行っていきます。

 

 

当医院では患者様の意向を大切にしております。

セラミック診療にもいくつか種類もあります。

それぞれの価値観を大切に

私たちは意図する方向へ進むお手伝いをしています。何かご要望ありましたら気兼ねなくご相談ください。

きれいわ歯科北区歯科

お勧めの歯科医院

ホワイトニング 痛くない

 

 

 
1 2 3 4 5 6 7 10